老眼の症状を発見したら検査【専門医の診断を受けることは大切】

年老いてからの視力

中年女性

老齢に伴う目のトラブル

老眼とは、簡単に言うと目の中にあるカメラのレンズと同じような役割を果たしてくれている水晶体という組織が年齢を重ねるごとにかたくなり、それによってこの水晶体の厚みの調整が難しくなるので、近くのものにピントが合わせられなくなる症状のことです。これまで何不自由なく読んでいた新聞や本などの細かい字が急に読みづらくなったり、近くから遠く、あるいは逆に遠くから近くに視線を移した際にピントが合うのに時間がかかったりするようになったら、それは老眼が始まった証拠と言えるでしょう。老眼は、一般的に誰もが年齢を重ねるにつれて経験するようになるもので、40代くらいから始まると言われています。特にこれといった治療法はなく、眼鏡などを使用することによって視力の矯正をしていくことになります。老眼になったことを受け入れられない人も中にはいるようですが、その症状について放っておいてもあまり良いことはありません。人間が生活する上で、起きている間はずっと目を使います。それにも関わらず、よく見えない状態を我慢していた場合、眼精疲労によって体を壊してしまうことも考えられます。激しい頭痛や肩こりといった症状が出るようになり、食欲もなくなり、人によっては日常的に吐き気を感じてしまうようなこともあります。ですので、老眼を軽んじてはいけません。老眼の症状を感じるようになったのであれば、一度眼科で見てもらうのが望ましいでしょう。医師にきちんと状況を説明してもらえますし、老齢に伴う様々な目の異常についても確認できます。