老眼の症状を発見したら検査【専門医の診断を受けることは大切】

眼の調整機能の加齢変化

中年女性

ピント調整機能が低下する

老眼は加齢と共に眼の水晶体の弾力性が失われ、伴って水晶体周囲の組織の働きに拠るピント調整機能が円滑に働かない状態を指します。具体的な症状としては、近くの細かい字が見え難くなり、本や新聞を以前より離した位置で無いと読み難いといった症状が発生します。併せて薄暗い場所でモノが見難くなる、遠くの景色に目線を送った際に一時的にぼやけて見えるといった症状も発します。眼はヒトの感覚器の中では比較的衰えが早い時期に訪れるものとされ、20歳頃にはピークを迎えます。その為、定義を厳密に適応すると老眼の症状もその頃から始まる事になります。ですが実際にはある程度症状が進行するまでは自覚が無いケースが殆どであり、本人や不便を感じたり周囲が気付いたりする時期、及び医学的に診断が下される時期は40代以降が多いとされます。その一方で、近年は40歳を迎える以前に老眼を訴える方も増えていると言われます。この理由として考えられるのは、電子的なディスプレイの普及に伴うブルーライト等のダメージと、一点集中型で眼の組織を酷使する状況が長時間続き易くなっている事が考えられます。つまり生活習慣の変化に要因を求められる訳ですが、それ故に老眼の防止に関しても生活習慣の見直しを応用する事が出来ます。眼の疲労軽減に繋がるような栄養素をしっかり採る、休養を充分に取る、ブルーライト等の影響を減らす為にこれらをカットする性能のある用具を活用する事等が考えられます。