老眼の症状を発見したら検査【専門医の診断を受けることは大切】

眼鏡で矯正ができます

メガネ

早めに眼科を受診したい

老眼は目の老化現象なので40代を過ぎると近くのものや、雑誌や新聞などの細かい文字が読みにくいなどの症状が見られます。遠くのものはよく見えるけれど、夕方以降になると近くのものが見えにくく、日常生活に支障をきたすこともあります。水晶体のピント調節機能が低下しているのが原因ですが、放置をすると少しずつ進行をするため、早めに眼科を受診して視力検査などを受けて下さい。無理に裸眼で見ようとすると、眼精疲労がひどくなったり、肩こりや吐き気、首の痛み、頭痛などの体の症状が見られたりすることもあります。自分に合った度数の老眼鏡や遠近両用メガネ、コンタクトレンズなどを使用することで、眼精疲労を防いだり、体の不調を改善したりすることが出来ます。眼科では自分の度数に合わせた処方箋を作ってくれるので、地元で評判の高い専門店で眼鏡を作ってもらうと良いでしょう。老眼が進んでくると度数が変わるため、定期的に検査をしてもらい、眼鏡を作ってもらうのがお勧めです。普段の生活ではかぼちゃやほうれん草、ブロッコリーなどの、ルテインを含んでいる食品や黒豆、ブルーベリー、カシス、ビルベリーなどの、アントシアニンが含まれているサプリメントを服用するのもお勧めです。老眼の症状が気になる時は長時間の使用を控えて、目を動かす運動をしたり、ホットタオルで血流を促進したりするのもお勧めです。朝型の規則正しい生活を送り、夜更かしは避けることが大事です。10代、20代の若い人もスマホ老眼の症状が出ている人も増えています。