老眼の症状を発見したら検査【専門医の診断を受けることは大切】

眼の調整機能の加齢変化

中年女性

老眼は眼の水晶体に関わる機能の低下で、ピント調整機能が落ちる事で発症・自覚する症状です。近年は生活習慣の変化で40歳以前の方でも自覚する事が増えていますが、生活習慣を見直す事で予防や進行を遅らせる事にも繋がります。

詳しく見る

視力の変化に気をつけよう

視力検査

早めの対応が大切です

年をとると、手元の見づらさを感じることが増えてきます。これは、目の機能が衰えて、若いころは自然にできたピント合わせが上手くいかなくなったことが原因です。調整機能の低下は20代から徐々に進んで、40代以降になると、自身でも症状を実感することになります。これが、いわゆる老眼が始まった状態です。近くから遠く、遠くから近くのピントが合わせにくい、細かい字が見づらいなどの症状があります。目の水晶体の厚みを調節してピント合わせをしている毛様体筋の老化から起こる老眼は、老化現象の1つなので誰もにおこるものです。でも、最近では、若い世代でも目のピント合わせに時間がかかる人が増えています。これは、長時間スマホを使用することによる「スマホ老眼」であることが多いです。一般の老眼とは違って、一時的な毛様体筋のこわばりからくるものですが、目の健康を保つためには注意が必要です。やはり、パソコンやスマホを日常的に使う人は、老眼の症状が早期に出やすいといわれています。老眼の症状を感じていても、「まだ見えるから大丈夫。」とやり過ごしている人は多いかもしれません。しかし、老眼の放置は必要以上に目に負担をかけている状態です。矯正しないままで生活を続けていると、肩こりや頭痛等の症状が悪化してしまう恐れもあります。老眼の症状を感じたら、早めに眼科で診断を受けましょう。長年、老眼の症状と感じていてものが、実は緑内障の症状だったというようなケースもあるので、自己判断にとらわれることなく、専門医の診断を受けることは大切です。

眼鏡で矯正ができます

メガネ

老眼は水晶体のピント調節機能の低下が原因なので、近くのものや雑誌や新聞などの小さな文字が読みにくいなどの症状が見られます。目の老化現象のひとつですが、気になる症状が見られる場合は、早めに眼科を受診しましょう。

詳しく見る

年老いてからの視力

中年女性

老眼は年を取ることにより誰もがなります。特に治療法はないので、老眼と思われる症状を感じたら、眼科を受診した上で眼鏡などで矯正するのが望ましいと言えます。軽んじて放っておくと頭痛や肩こりなどの症状に悩まされるので、注意が必要です。

詳しく見る

視力を衰えなくする方法

目

視力が衰える老眼は放置しても決して良くなることはなく、頭痛や肩こりなどの症状に発展するので必ず対処が必要です。素人判断で対策しようとすると悪化する可能性があるので、眼科に受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

詳しく見る

最近ピントが合わない人へ

男性

老眼の症状は眼の老化が原因で起こっています。この症状は、進行を予防したり改善したりすることが可能です。老眼に悩まされている方は、ぜひ眼のトレーニングやサプリメントの摂取などで症状を改善しましょう。

詳しく見る